あなたの心の薬剤師になりたくて、夏。

はあぁぁ・・・。
・・・?
はあぁぁ・・・。
どうなされたんですか?渡辺部長。
らしくないですわ。
実はね・・・。
えっ!!!
転職を考えている!
そうなの。
ぶっちゃけ言うと、私、今の給料に満足していないのよね。
給料って・・・。

毎日ただ椅子の上に座って、フォロワーの推移をカウントしているだけの楽なお仕事じゃありませんか!
何をわがまま言っているんですか!

ガーン

小早川さん、あなた、言うわね。

私は、自分の仕事に誇りを持っています。

渡辺部長もそうだと思っていました。

いや、だから給料が・・・。
給料で仕事を選ぶんですか!?

お金さえあれば良いんですか!?

愛より、誇りより、お金をとるんですか!?

そうよ。
権堂さん!
ふっ・・・偶然耳に入ったけど、小早川さん、あなた、本当にそんなこと思ってるの?
勿論ですわ。
私は今のお仕事に誇りを持っています。
そういえば、あなたは、あの大手広告代理店から転職してきたそうね。
・・・。
前から聞きたかったんだけど、なぜ、こんな会社の人事課に転職してきたの?
そ、それは・・・!
小早川先輩をいじめないで下さい!
お、小野さん!?
先輩は・・・先輩は・・・!
やめて!小野さん!!
渡辺部長が好きなんです!!
・・・!!
えっ!!?
・・・くっ!!
ダダッ!!(小早川さんが走って行く音)
あっ!!せ、先輩!!
待ってください!!

・・・。
・・・。
私・・・。
どうしたら良いの?
義姉さん、自分を責めるのは良くないわ。
・・・。
・・・。

お願い。あまり深く悩まないで。

そうだ、義姉さんが転職したいのは、どんな業界だったの?

・・・薬剤師よ・・・。
薬剤師・・・?

妹のさおりさんと何かあった?

・・・。
そうなのね。

突然、薬剤師になりたいなんて、絶対におかしいもの。
ちなみに、薬剤師になるには、6年かかるわよ。

えっ・・・!

そ・・・そう・・・。

確かに、こういう求人サイトとか見てると、薬剤師という職業の待遇は良いと思うわよ。

でも、突然、なぜなの?

私は、みんなの心のお薬になりたい・・・。
みんな・・・?

もしかして、私たち人事ったーを使っているユーザーさんたちのこと?

そう。

私知ってるの。
私たちを使って下さっているユーザーさんたちが、胸を痛めながら使ってるってこと。

そうね。

私も、こんな検索結果を見てると、胸が痛くなるわ。

私、もう耐えられない!!

誰かの心を傷つけるなんて、耐えられない!!

・・・。
私、白線流しの舞台になった、松本が好きなの。
松本は素敵な町よ。私の心をきっと癒やしてくれる。

長野県松本市のドラッグストアの求人もあるのよ。

なぜ姉さんがそこまで松本にこだわるのかは分からない。

でも、薬剤師って、なりたいからすぐになれるものじゃないわよ。

薬剤師になる道が大変ってことは、妹のさおりさんを見てると分かるんじゃないの?

・・・。
義姉さんと、さおりさんの仲があまり良くないのは知ってる。

でも、さおりさんに相談せずに決めてしまうのは早計よ。

それは分かってるわ・・・。
人々の心を癒やすなら、薬剤師じゃなくて、看護師の道も良いじゃない。

なぜ薬剤師にこだわるの?

・・・。
・・・もしかして、義姉さん。
この小説を読んで、さおりさんに嫉妬してるのね。
あっ・・・!そ、それは・・・。
私、知ってるのよ。
この小説にさおりさんが出演してるってこと。

そして・・・。

そ、そして・・・?
さおりさんが恋をしているってことも。
ガーン
・・・図星ね・・・。
・・・。
・・・義姉さんは、薬剤師になりたいという気持ちより、恋をしたいという気持ちが強いんじゃないの?
さおりさんを羨ましく思っているのよ。

今の女だらけの職場じゃ、出会いはないって思っているんでしょ?

そ、そんなこと・・・。
私はもう何も言わないわ。
恋は女性のリポビタンだもの。

・・・でも、一つだけお願いがあるの。

・・・お願い?
小早川さんの気持ちには返事してあげて。
・・・!
あの子、ずっと義姉さんのことが好きだったのよ。

義姉さんが職場を離れるって聞いて、これまで自分の中に溜め込んできた想いが爆発したみたい。

・・・私、どうしたら・・・。
義姉さんに罪はないわ。

ただ、薬剤師の求人サイトを見るように、小早川さんのことも気に懸けてあげて。

お願い。

・・・分かったわ。

コメントしていただけます